クラフト作家miu.laboテシゴト

モノづくり・テシゴトが大好き!!主にふんわりと柔らかな手触りの癒されるあみぐるみやzakkaを制作しています。

Posted by miu

Posted by miu
  0 comments
  0 trackback

沖縄旅行 第一話

またまた、ご無沙汰しております。

1月中旬に参加をしていた講習がぎっしり~
充実の日々を過ごしておりました。

後半は沖縄旅行~
子供が生まれる数年前からの約束でやっと実現しました

当時はDFSとかショッピングが興味ありでしたが
時がたてば好みも変わる・・・
何か面白いことはあるかな?って調べて見つけたのが
ミンサー織や琉球ガラスの体験。

そしてワタシの振袖でもある、お気に入りの『紅型』染めなど
工芸が盛んであることを知って、やっとテンションが上がってきた感じ



到着して早々に訪れたのは沖縄がギュッと詰まっている
『沖縄ワールド』旦那くんのいとこが見つけてくれました。

DSC02851_convert_20110201175133.jpg

順路が決まってて、はじめは見つけれなかったんだけど
ありました!!織物工房。

DSC02839_convert_20110201190053.jpg

短時間でちょちょっと作れる、しおりやコースターなど
色を指定して織ることができます。
旦那くんが黄色のしおりがいいというので、黄色の機を選択。
1~4の番号を言われるのでその番号を踏んで横糸を通していきます
裂き織はあまり引っ張ると布がしぼんでしまいますが、
ものすごく糸が強く張られているので、強めに引っ張りながら織ります
織るときも子供の力でいいくらい。トントンと2回。
モノの3分から5分で、あっという間にできちゃいました!

DSC02846_convert_20110201175711.jpg

南部裂織の伝統工芸士の澤頭ユミコ先生が織った
藍染のバッグを持参していたので、皆さんに見ていただきました。

南部裂織と沖縄織物のプチ会談です。(笑)
さきおり3Gの活動についてもお話をさせていただきましたが
十和田の現代美術館の事を話したら知ってる様子!すごい!!って思っていたら
皆さん
沖縄の芸大出身の方たちでした。なるほど!納得。

DSC02850_convert_20110201190235.jpg

彼女たちはここで、主にロートン織という沖縄の伝統的な織物を
新しい感覚で皆さんに体験していただいています。
どおりで!色使いがきれいだと思いました。
若い感性で、ブックカバーやしおり、小銭入れやヘアゴムなど
可愛いアイテムがたくさんありました。

うちの娘が、騒いでいて
最高の笑顔頂きました!
皆さん、いろいろ教えてくださってありがとうございます!!

DSC02842_convert_20110201190119.jpg
DSC02843_convert_20110201190148.jpg
DSC02844_convert_20110201190210.jpg

いとこのYちゃんと一緒に数分後にまたやってきたときに
『芭蕉布』の事についても詳しく教えていただきました。
沖縄といえば、鮮やかな織物のイメージをしていたのですが、
生成りの細ーい糸で織られた繊細な織物。

しかし、ハリがありシッカリとした布に魅了されて
その日は滞在先の奥間のホテルへ・・・
そこで、運命的ですごい出会いがありました。
それは後日また、ご報告いたします。


沖縄ワールドはこの他にも、紅型染め体験や泥染め
沖縄のコスチュームで撮影出来たり、琉球ガラス体験や民謡
お土産も充実しています。
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

『沖縄ワールド 機織り工房』さんのブログ
http://studiotateyoko.blog130.fc2.com/

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miulabo.blog36.fc2.com/tb.php/374-377a1550
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。